awsのsqsを運用する魅力と監視のノウハウ

awsはクラウドサーバーをただ提供するだけでなく様々なアプリケーションやサービスを利用できるようにしているのが特徴です。その一つとしてよく用いられているのがsqsですが、どんな魅力があるサービスなのでしょうか。

sqsを使ってアプリケーションを構築した場合に役に立つ監視のノウハウも併せて紹介するので参考にして下さい。

sqsとは一体何か

awsのsqsとはSimple Queue Serviveの略で、aws上でメッセージキューを使用するための基盤となるウェブサービスです。平たく言ってしまえば、キューにメッセージを送信し、処理が完了するまではメッセージが保存される仕組みを作り上げられます。

これによってメッセージキューアプリケーションを構築するのが容易になるのです。クラウドサーバー上で複数のコンピューターから別ユーザーがアクセスすることを想定した構成をすることが容易で、コンピューター間で転送されたメッセージも保存されていきます。

アプリケーション間でのデータのやり取りについても暗号化が行われているため、機密情報の通信にも使用することが可能です。メッセージキューアプリは必ずしもawsのsqsを使用して作り上げる必要はありませんが、aws上で動作させる上では有用な連携性を持っています。

EC2などのawsが提供するサービスとの連携が取られているのです。迅速に横断的に利用可能なアプリケーションを開発する上では活用する意義が大きいでしょう。結果としてawsを利用している現場では活発に導入および活用が進められているのがsqsの特徴です。

sqsの二つのキューを知っておこう

sqsでは二つのキュータイプを用意していて自由に使い分けることが可能です。一般的な用途で用いられるのが標準キューでデフォルトでは標準キューが指定されています。標準キューは1秒あたりにできるトランザクションの数がほぼ無制限になっていて、メッセージについても少なくとも1回は配信されます。

メッセージは送信順に処理されていくベストエフォート型での処理が行われるのが基本です。一方、標準キューを補完する形で利用することができるのがFIFOキューです。FIFOキューをしようした場合にはメッセージが送信または受信された順番が完全に保持されます。

そして、メッセージが配信されるとユーザーばそれを処理して削除するまではキューに重複が生じることがありません。ただし、標準キューのように1秒あたりのトランザクション数が実質無制限ではなく、300件に限定される仕組みになっています。

監視にはCloudWatchを使用可能

このようなawsのsqsを使ったメッセージキューアプリケーションを運用する場合にどのようにして監視するのが良いのでしょうか。実はawsから提供されているサーバー監視ツールであるCloudWatchを使うと特に苦労することなく監視することが可能です。

CloudWatchを使うとawsで使用しているリソースやアプリケーションなどについて必要なメトリクスを取得することができますが、メッセージキューについても例外ではありません。特にsqsはCloudWatchに関連付けされていることから特にメトリクスの取得をしようとしなくてもキューのメトリクスを簡単に表示できるようになっています。

CloudWatchを使用するとsqsのキューのメトリクスが自動的に収集される仕組みになっていて、1分間隔で情報が蓄積されていきます。標準キューもFIFOキューも対象になっていることからCloudWatchを使えば基本的にはメトリクスの取得について問題が生じることはありません。

また、CloudWatchがアクティブとみなしたキューについては全てメトリクスが収集されて保存されるので、CloudWatchを使うと簡便に監視することが可能です。なお、CloudWatchの利用には料金が発生するのが一般的ですが、メッセージキューの監視はsqsを使う上で欠かせないことから無料で利用できる仕組みになっています。

外部ツールでの監視もできる

CloudWatchを使うのはsqsの監視をする最も簡単な方法の一つですが、必ずしもawsの監視をする上ではCloudWatchがベストではありません。料金がしばしば発生することに加え、自社開発したアプリケーションがメインの場合には連携が取れていない部分がほとんどなので使い勝手があまり良くないこともあるのです。

そのため、外部のサーバー監視ツールを使って運用しているケースも多々あります。

外部ツールを使ってもawsのsqsで使用しているキューのメトリクスを取得することができるので特に心配はありません。他のツールの方が使い慣れているのであれば無理にCloudWatchを使用する必要はないことは念頭に置いておきましょう。

監視をするときに重要なポイント

sqsを使ったメッセージキューアプリケーションを運用しているときにはどんな監視をする必要があるのでしょうか。CloudWatchを使えばメトリクスは自動取得できますが、他のツールを使用する場合にはまず自動取得できる体制を整えるのが大切です。

そのログからキューが適切に処理されているか、メッセージの配信が滞りなく行われているかを確認しましょう。もし問題が発生しているようであればリソースの配分を変更するなどの対応をして業務効率の低下や障害の発生を招かないようにするのが基本です。

自動取得されたログを自動的に調べて必要な対処をするようにスクリプトを作成しておくと無人監視が可能になります。監視をするときには外部の監視会社やフリーランスエンジニアを使用しても問題はありません。awsの監視サービスにはsqsに対応しているものがほとんどなので比較的手軽に依頼することができます。

コストがかかるのは確かですが、社内のリソースを使うのに比べてコストパフォーマンスが高いことも多いので前向きに検討してみましょう。sqsだけでなく総合的な監視を任せてしまえるのもメリットで、サーバー監視は社内では行わないという方針を立てることもできます。

その分だけ費用が高くなるのは確かではあるものの、監視のための人材育成が必要ありません。awsの導入と同時にsqsも利用を始めるというようなケースでは迅速に安心して運用できる監視体制を整えるのにも役に立つ方法です。

sqsを導入して適切に監視しよう

sqsを導入することによってaws上で使用できるメッセージキューアプリケーションを簡便に作成することができます。効率よく稼働させるためには監視が欠かせませんが、CloudWatchを使えばキューのメトリクスを自動取得可能です。

他の監視ツールも使用することが可能なので、総合的に見てやりやすい監視体制を整えて運用するようにしましょう。

参考情報(AWS監視・運用 マネージドクラウド | CloudCREW | GMOクラウド株式会社)https://managed.gmocloud.com/managed